なんのスキルもない 転職時にも役立つ商品を売る営業テクニック

なんのスキルもない・・・
そんなことでお悩みのあなたにおすすめなのが、
商品を売るた営業テクニックを学ぶこと

これを学んで、
ものをガンガンものを売りさばくことができるあなたになれば
どこの会社に行っても通用します。

なぜなら、基本的には商品を売るという行為は
人間に対してであって、その売る商品の中身がかわっても
人間の心理はあまり変わらず、売る能力のある方は
ものが変わっても売ることができるからです。

商品を売るといっても今の世の中、サイトを使っての
ネット販売もあれば、現実世界に店舗を構えてものを販売もあります。

なので、商品を売るといっても実はいろいろなアプローチがあります。
だけど、実は商品を売るための工夫は実は共通したものがあります。

今回は、ECサイトであろうと実店舗であろうと、
どこであろうと商品を売るための工夫を
まとめたいとおもいます。

★なんのスキルもないと嘆く人が一番押さえておきたい

商品を売るための営業テクニックとしては次の3つが挙げられます。

1.ものを売り込まない・未来を売る
2.基本は聞き手・共感力
3.いきなり仕事の話をしない・雑談力

そう。お客さんはものを売り込まれると必ず引いてしまいます。だから絶対に売り込んではいけません。そして語るべきは、そのものを買った後に想像されるよいことです。

たとえば、あなたの商品をかったことで、家族がみんな笑顔になっているようであれば、「これがあるとまさに一家団欒できますよね。」みたいな、共感フレーズを話すわけです。「おじいちゃんもおばあちゃんも孫に囲まれて楽しいでしょうね。」そんな感じです。

また、2つめのポイントは、サイトでの販売であろうと、現実の店舗であろうと、基本は聞き役です。サイトであっても自分の考えを一方的に述べるのではなく、共感力が必要とされます。

そして、最後は営業の基本でもありますが、「いきなり仕事の話をしない」
これは、ECサイトの場合検索の結果、ある程度目的をもってサイトを訪れていると思いますので、まったく別の話をサイトの中で展開する必要はありませんが、たまにたとえ話などを使って、わかりやすく説明するような気づかいがあると、CV率もアップします。

◆立ち読み客はいらない

ECサイトであろうと、現実の店舗であろうと、コンビニに例えるとすると、トイレだけ立ち寄って、しかも雑誌の立ち読みだけで帰ってしまうようなお客さんをつくってしまっては意味がありません。私たちの目的はあくまでも商品を売るということです。そのための商品を売るための営業テクニックのヒントとなりそうなものを今回はランキング形式で紹介させていただきます。

ECサイトであろうと、現実の店舗であろうと、
言葉の力で結果を生み出すという点は共通のポイントです。

1.「検討します」を出させない究極の技、顧客との人間関係を劇的に深化させる手法~3つの質問

【料金】\9,980+税金
【特徴】営業再生請負人とまで言われた方法を伝授
【サポート】メール相談、購入後1か月以内

売上0のときの、ある人の言葉。
「なぜもっと工夫をしないんだ」
「顧客心理を探求しないの?」
「営業という科学を知れ」

「検討します」を出させない究極の技、顧客との人間関係を劇的に深化させる手法~3つの質問

2.売り込まずに獲れる テレアポ&電話営業法!

【料金】¥14,800円
【特徴】コツ・情報提供のレベルではなく実験・実践を重ねたノウハウ
【サポート】90日間 メールサポート
【特典】返金保証あり

3日以内に新規アポイントを今の2倍に増やさなければいけない。そんなことも可能にできるのがこの教材。人間の心理というのは100年たっても1000年たってもそれほど変わりません。鳴くよウグイス平安京の時代から人は本質的には変わっていません。男性は女性が好きですし、ほしいものがあればほしいと思う。まったく人間の本質は変わりません。
だからこそ、心理学的観点から成功したひとへのアプローチ方法というものはかなりの確率で再現可能となるのです。
売り込まずに獲れる テレアポ&電話営業法!

3.今すぐ使える!口説ける恋愛セールス術MOTEKING

【料金】\19,800
【特徴】営業成績1位のノウハウ
【サポート】6か月間、回数無制限サポート
【特典】女性を口説ける会話テンプレ集

仕事では営業成績1位で活躍していたけど、恋愛はからきしダメ。
そんな状態を変えたのが営業のやり方の転用。これは使えます。

今すぐ使える!口説ける恋愛セールス術MOTEKING

◆なんのスキルもない・・・そんなことでお悩みの方には、こうした営業テクニックを学ぶことをお勧めします。

営業なんて・・・と毛嫌いするのではなく、まずは学んでみると奥深い楽しさも見えてきます。そもそも営業と聞いただけで逃げていく方が多いので、なんのスキルもないと感じている方が活躍するためには、そうした皆がいかない場所に一歩足を踏み入れることが重要となります。

さて、営業マンやサイト作成の方、そして現実の店舗で働く方。
いろいろな状況の方がおられると思います。

現実には上層部2割以外の営業マンは
売上数字に四苦八苦しています。

営業先でも、実店舗でも、そしてECサイトでも
「検討します。」「今回はいいです」
とさせないためにどうすればいいのかをトークの観点から
学ぶことで、サイト作りにも生かせるのがこの教材。

これから何かを学ぶには最適の教材です。

「検討します」を出させない究極の技、顧客との人間関係を劇的に深化させる手法~3つの質問